Profile

with コメントはまだありません
坂本 彩(さかもと あや)

兵庫県出身。6歳よりピアノを始める。
全日本学生音楽コンクール中学校の部(第57回)、高校の部(第59回)全国大会第1位受賞。第19回アルトゥール・シュナーベル国際コンクール(ドイツ)最高位第2位、第6回仙台国際音楽コンクール入賞。2017年には第1回アミグダーラ国際ピアノコンクール(イタリア)優勝、第21回松方ホール音楽賞受賞、第20回ホセ・イトゥルビ国際ピアノコンクール(スペイン)にて第5位、並びに現代曲最優秀演奏者賞を受賞。

東京藝術大学に学び、2010年高関健指揮・藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演。同大学卒業時には読売新人演奏会出演、同声会新人賞受賞、皇居・桃華楽堂にて御前演奏を行う。渡独後、ヨーロッパの各都市においても演奏を行い、近年ではスタインウェイ賞リサイタルシリーズ(ドイツ)、在ドイツ日本国大使館、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院付属中央音楽学校等にてリサイタルを行ったほか、ムルシア交響楽団(スペイン)とモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を共演。2018年には直木賞受賞作品・恩田陸「蜜蜂と遠雷」~ピアニストと国際コンクール~にて鈴木織衛指揮・仙台フィルハーモニー管弦楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演するなど、日本での演奏活動も展開中。

2011年よりベルリン芸術大学に在学。2017年夏、同大学マスターソリスト課程を最優秀の成績で修了し、現在は引き続き室内楽課程にて研鑽を積んでいる。これまでにピアノを渡辺純子、大友聖子、木村綾子、青柳晋、御木本澄子、パスカル・ドゥヴァイヨン、村田理夏子の各氏に、楽曲分析を若林千春氏に師事。
明治安田クオリティオブライフ文化財団、文化庁新進芸術家派遣制度、Gisela Erich Andreas財団各奨学生。